遺産相続のトラブル解決

---法定相続分(ほうていそうぞくぶん)---
行政書士 マルケン事務所
 所長 福本 健一     
電 話 090-1126-9432
メール hp@maruken.biz
 
MENU









     

遺言がない場合、民法は、誰が相続人となるのか、

また各相続人が受け継げる相続分(割合)についても規定しています。

これを『法定相続分』といいます。


 <具体例>
-----------------------------------------------------------------
 第一順位:子と配偶者・・・
  子が2分の1、配偶者が2分の1。
     子が複数いるときは、2分の1を均等割り。
     子は死亡しているが、その子(自分にとっては孫)がいるときは、
  代襲相続人となる。
     同様に、ひ孫も代襲相続人(再代襲相続)となれる。
     配偶者が死亡している場合は子が全部相続。

 第二順位:父母と配偶者(子供がないケース)・・・
  配偶者が3分の2、父母が3分の1。
    配偶者が死亡している場合は父母が全部相続。

 第三順位:兄弟姉妹と配偶者(子供・父母がないケース)・・・
  配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1。
     兄弟姉妹が複数いるときは、4分の1を均等割り。
     兄弟姉妹は死亡しているが、その子(自分にとって甥または姪)も
  代襲相続人となれる。
   ただし、再代襲は不可。
   配偶者が死亡している場合は兄弟姉妹が全部相続。

  ※内縁関係者は相続人になれません。
  ※胎児は、生きて生まれてくることを条件に、
  既に生まれている子と同様に扱います。
  ※養子は第一順位の相続人となります。
  ※非嫡出子(未婚の男女間の子や愛人の子)は認知を受けていれば、
  第一順位の相続人となります。
  ただし、相続分については、嫡出子の2分の1となります。
-----------------------------------------------------------------

次ページ 遺言を書こう!

今すぐ相談する



 


行政書士マルケン事務所
日本行政書士会連合会登録 東京都行政書士会会員

行政書士 福本 健一
〒110-0016 東京都台東区台東4丁目31番7号
        ラミアール御徒町203号 地 図
TEL:070-6485-3993/090-1126-9432 FAX:03-5812-
4182

メールによるお問い合わせはこちら→ メール
 
ただし、以下を必ずお読みになってください。
                 プロフィールはこちら→所  長 
 
       

    
トップへ
トップへ
戻る
戻る
      
Copyright(c) 2003-15 maruken.biz, All Rights Reserved