遺産相続のトラブル解決

公正証書遺言
行政書士 マルケン事務所
 所 長 福本 健一  
電 話 090-1126-9432
メール hp@maruken.biz
 
MENU









 ●公正証書遺言
 
 公証人役場にて公証人が作成(口述筆記)。証人が2人以上必要。

 作成された遺言書は、記入のミスがないことはもちろん、公証人役場の

 金庫に保管されるので偽造や変造、隠匿などの心配はありません。

  また、実際相続が開始したときに、検認手続は不要です。

  デメリットとしては、手続きがやや煩雑で費用もかかること、

 遺言の内容を公証人や証人に知られてしまうことなどがあげられます。

 しかし、それをカバーしてありあまるメリットが、この公正証書遺言には

 あると言えるでしょう。

 
 ※行政書士や弁護士が証人となった場合は、法律で職務上の守秘義務が

 厳格に課されているため、外部に秘密が漏れる心配はありません。


自筆証書遺言  秘密証書遺言


次ページ 遺言って取り消せるの? 

今すぐ相談する


 


行政書士マルケン事務所
日本行政書士会連合会登録 東京都行政書士会会員

行政書士 福本 健一
〒110-0016 
東京都台東区台東4丁目31番7号
ラミアール御徒町203号 地 図
TEL:070-6485-3993/FAX:03-5812-4182

メールによるお問い合わせはこちら→ メール
 ※ お問い合わせ大歓迎!

ただし、以下を必ずお読みになってください。
  
プロフィールはこちら→所  長 
 
       

    
トップへ
トップへ
戻る
戻る
Copyright(c) 2003-15 maruken.biz, All Rights Reserved