遺産相続のトラブル解決

---遺言って取り消せるの?---
行政書士 マルケン事務所
 所 長 福本 健一  
電 話 090-1126-9432
メール hp@maruken.biz


MENU











 遺言の内容は、遺言者の自由な意思によっていつでも全部、

 または一部を取消すことができます。


  <遺言の全部を取消したい場合>

    @ 遺言書を破棄または焼却する。(自筆証書遺言の場合)

    A 「二〇〇三年七月一五日作成の遺言は全部取消す」などの内容の、

     別の遺言書を作成する。

    B 新しい内容を記載した遺言書を作成する。

    ※この場合、日付の新しい遺言が優先されます。


  <遺言の一部を取消したい場合>

   @「二〇〇三年七月一五日付遺言中の×××の部分の遺言は取消す」

    などの内容の、別の遺言書を作成する。

   A 一部を訂正した新たな遺言書を作成する。

    ※この場合、日付の新しい遺言が優先されます。



次ページ 遺留分って何? 

今すぐ相談する


 


行政書士マルケン事務所
日本行政書士会連合会登録 東京都行政書士会会員

行政書士 福本 健一
〒110-0016 
東京都台東区台東4丁目31番7号
ラミアール御徒町203号 地 図
TEL:070-6485-3993/FAX:03-5812-4182

メールによるお問い合わせはこちら→ メール
 ※ お問い合わせ大歓迎!

ただし、以下を必ずお読みになってください。
  
プロフィールはこちら→所  長 
 
       

    
トップへ
トップへ
戻る
戻る
Copyright(c) 2003-15 maruken.biz, All Rights Reserved